旅館主人の雑記帖

唐津・水野旅館の二代目となって早20年、時代の変転と共に悩み事も尽きず、また喜びも多々あります。料理のことや日々の出来事の中で印象に残ったことなどを書いていきたいと思っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんじゃおんじゃ

毎年1月7日には唐津天満宮で「おんじゃおんじゃ」が開催されます。
「おんじゃおんじゃ」は「鬼じゃ鬼じゃ」がなまったもので、邪気を払う神事という事らしいです。

http://www.yoyokaku.com/sub7-22.htm
http://www.karatsu-city.jp/photolibrary/?p=1834

まず夕方6時ごろに火矢が上がってもうすぐ出発の合図です。
小さい松明を持った子供たちが先頭に立ち、そのあとを大人たちが巨大松明を皆で担いで街中を練り歩きます。



1時間半ほど練り歩き、夕方7時半ごろ天満宮の近くまで帰ってきます。
そして8時前に天満宮の鳥居前に移動し、待機します。
そして8時きっかりに大松明の先端に火をつけ、氏子たち(松明を持った子供たち)を先頭に鳥居をくぐります。



そして天満宮本殿の周りを3周して大松明の火を奉納します。



奉納が終わったら、いよいよクライマックスです。
天満宮の敷地内に数メートル四方の囲いがしてあって、その中に市民が用の済んだしめ縄や門松などのお正月飾りを入れてあります。
その中に大松明を突っ込んで立てて燃やします。



「おんじゃおんじゃ」もフィナーレ!大松明の火は周りを燃やしながら、また自身も燃え上がっていき、倒れていきます。観衆から歓声と拍手が上がります。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

水野主人

Author:水野主人
唐津・水野旅館ブログへようこそ!

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。